現引き(現受け)はFX取引の 損切り対策になる!

FX取引のリスクとして思惑と反対に為替レートが動き為替差損が発生することがあります。

通常リスク対策として損失が拡大しないように、予め損切りレートを決めておき、ある為替レートまできたら差金決済すると決めておきます。

しかし、差金決済はそのFX取引での損失を確定すること(損切り)でもあります
もうしばらくポジションを持っていれば為替が反転するかもしれないと思っても、FX取引会社のロスカット基準に達すれば自動的に決済されてしまうので、証拠金を追加するか、自分で決済するかの判断を迫られます

そんなとき、もう一つの手段として現引き現受けデリバリーとも言う)があります。

現引きで損切り対策

現引き(現受け)とは、差金決済する代わりにその時点の為替レートで外貨相当分の証拠金を入金し、買い持ちしていた外貨を受け取ることです。

外貨で受け取るメリットは、外貨そのものを海外旅行時などに現地で利用でき、為替変動を気にせず利用できること。
さらに、FX取引会社によっては外貨を証拠金として利用できるので、外貨が値上がりしたときに証拠金として入金すると為替差損を帳消しにできること。

FX取引会社によっては外貨両替サービスを提供しており、銀行や空港で両替するより有利な為替レートで両替することも出来ます

下記に現引き(デリバリー)や外貨両替(コンバージョン)サービスを提供しているFX取引会社を紹介します。
海外旅行や外貨での買い物を予定しているなら、FX取引会社で両替した方がお得です!!
ただし、外貨を受け取るまでに4〜5営業日かかるので早めの準備が必要です。

現引き(現受け)出来るFX業者はこちら

1位

セントラル短資FX 『FXダイレクトプラス』

セントラル短資FX

セントラル短資』は日本の大手短資会社の一つで
インターバンク市場の仲介も行う金融取引専門会社。

「セントラル短資FX」は現引き(外貨調達)が可能で、
現引き(受渡し)手数料は1万通貨当たり500円と
リーズナブル
、さらに4営業日以内に外貨送金が完了するスピーディさもメリット
外貨の両替にも対応し、最小取引単位が0.01通貨
両替手数料が無料とさらに使い勝手が良いです。

詳細はこちらから

セントラル短資FX(FXダイレクトプラス) 取引概要
現引き(受渡)可能外貨:
     米ドル、ユーロ、豪ドル、英ポンド、NZドル、カナダドル、スイスフラン
現引き(受渡)手数料:500円/1万通貨
最小取引単位:1万通貨
外貨送金完了日数:4営業日

2位

YJFX! 『外貨EX』

YJFX!

取引コストが安く、スマホ専用FXアプリが充実しているYJFX!の『外貨ex』は
外貨の両替や現受け・受渡しも有利です

外貨のまま受け取れる「外貨ex」の「現受け・現渡し」は手数料無料で取引でき、
日本円から外貨、外貨から日本円への「両替」も手数料無料の低コストを実現!
「外貨ex」で外貨のまま受け取るとき、指定の銀行口座への送金手数料も無料なので低コストでの両替が可能です。

詳細はこちらから

YJFX!(外貨ex) 取引概要
現引き(現受け)可能外貨:
     米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドル
現引き(現受け)手数料:無料
外貨両替 手数料:無料
最小取引単位:
   現引き  1,000通貨
   外貨両替 1,000通貨
外貨送金完了日数:最短3営業日

3位

パートナーズFX 『外貨両替』

パートナーズFX 外貨両替

即時約定でユーザーの信頼が厚い【パートナーズFX】は受渡し(デリバリー)外貨両替(コンバージョン)サービスを提供しています。
海外旅行などで外貨が必要な場合は国内の主要空港で外貨を受け取れる外貨両替が便利です。またFX取引で予想外に為替損を抱えたときは、現引き(受渡し)して外貨で引き出した方が、将来外貨を利用する予定の方はお得です
「パートナーズFX」の外貨両替やデリバリーで外貨送金するとき、1ヶ月に1度までは送金手数料が無料となります。両替頻度が多くない方は送金手数料は無料で利用できます。

詳細はこちらから

パートナーズFX(外貨両替)取引概要
現引き(現受け)可能外貨:
     米ドル、ユーロ、豪ドル、ポンド、NZドル、カナダドル、スイスフラン
両替可能外貨:
     米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン
現引き(受渡し)手数料:40銭/1通貨(10万通貨未満)
外貨両替 手数料:±20pips
空港受け取り手数料:500円(一律)
最小取引単位:
   現引き  1万通貨
   外貨両替 1通貨
外貨送金完了日数:最短8日

※各社のサービス内容は変更されることがあります、かならず公式サイトをご確認ください。